HOME » 歯を白くするためにホワイトニングの基礎知識 » 歯の黄ばみの原因って?

歯の黄ばみの原因って?

要注意!日常にひそむ歯の黄ばみが起こる原因

みなさんの中には、毎日ごしごしと欠かさず歯磨きをしているにもかかわらず、歯の黄ばみがとれないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

実は歯の黄ばみが気になって、思う存分口を開けて笑うことができないという人はたくさんいるのです。それでは、いったいなぜこのような歯の黄ばみが起こってしまうのでしょうか?

知っておくべき歯の仕組み

人間の歯というものは、3つの構造でできています。まず一番表面にあるのが「エナメル層」とよばれるもの。このエナメル層が、もっとも多くの外的影響を受けやすく、歯石や食べものなどの有機物、飲食物、糖タンパクなどが付着して歯に黄ばみを与えてしまうのです。しかし、それらの多くは毎日の歯磨きによってきれいに保つことができます。

エナメル層の内側にあるのが「象牙質」、そして最も中心部位置しているのが「歯髄」です。歯髄は、おもに歯の神経を覆っているデリケートな場所。ここはそれほど色による影響を受けることがありません。ただし、要注意なのが象牙質。普段は乳白色をしているこの象牙質ですが、個人差があり、白っぽい人もいれば、より黄色に近い人がいます。エナメル質は比較的半透明なので、この象牙質の黄色が透けてしまい、歯をより黄色く見せてしまうのです。つまり、これが歯の黄ばみの原因です。

特に、黄色人種は象牙質が黄色く、エナメル質もより透明度が高いといわれています。元来このような性質をもっている私たちが、黄色くなりやすいたばこやコーヒーなどを口のなかに入れてしまい、さらに歯の手入れを怠ってしまうと、より歯を黄色くさせてしまうのです。

また、虫歯にも要注意。虫歯になるとエナメル質が段階的に黄色みを帯びてきて、象牙質まで侵攻すると茶色に変化。さらに歯髄にまで到達すると黒っぽく変色してしまいます。そのほかにも、加齢によりエナメル質が薄くなることで、象牙質の黄色さが際立ってしまったり、エナメル質形成不全症とよばれるエナメル質の障害によって黄色い部分が際立ってしまうこともあります。

このように、歯が黄色いということは、それだけ口のなかの健康が損なわれている状態にあるということです。歯の黄ばみが気になる人は恥ずかしがらずに、歯科医院などに足を運んで、黄ばみの原因を取り除き、健康な白い歯を手に入れてみましょう。

 

歯の黄ばみを助長する食べ物・飲み物

歯の黄ばみを速めてしまう食べ物・飲み物の種類について解説します。

【食べ物】

カレー、ミートソース、ネギ、にんにく、ミカンやレモンなどの柑橘系の果物、ラズベリーやクランベリーなどのベリー系の果物、チョコなど

【飲み物】

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、抹茶、ココア、ジュース類など

このように歯の黄ばみを助長する飲食物は、普段から口にしやすいものばかりなので、完全に制限することは難しいです。ただ、意識をして取り過ぎに注意するだけでも、歯の黄ばみの助長を防ぐことはできます。

上記で挙げた飲食物の他にも、ソース・ケチャップ・醤油など色の濃い調味料が使用されている料理は、歯の黄ばみを助長するので把握しておきましょう。

食中・食後にできる歯の黄ばみ予防

水をこまめに飲みながら食事をする

水をこまめに飲みながら食事をすると、口内に残っている着色成分をすぐに洗い流すことができるため、歯が黄ばみにくくなります。

食事中だけではなく、コーヒーやワインなどの着色しやすい飲み物を飲んだ後も、口の中をゆすぎながら水を飲むことで歯の黄ばみを最小限に抑えることができます。

食後に歯磨きをする

食後すぐに歯磨きをするだけでも、十分な黄ばみ対策になります。

ただ、雑に磨いてしまうと、汚れが除去できず黄ばみ対策にならないので、丁寧に磨くようにしましょう。1本1本丁寧に磨くことで、飲食物による色素汚れを落として、歯の黄ばみを予防できます。

口をゆすぐ

食後に歯磨きをする時間がないという場合は、口をゆすぐようにしましょう。口の中が乾いた状態だと、汚れがつきやすくなってしまいます。

口をゆすぎ、口内を潤すだけでも、歯の黄ばみ対策になります。

鼻呼吸をする

歯の黄ばみを防ぎたいなら、口呼吸は今すぐ止めるべきです。口呼吸をすると、口の中が乾燥してしまうため、歯の着色汚れが落ちにくくなります。

さらに口臭の原因になったり、風邪をひきやすくなったり、デメリットが多いので普段から鼻呼吸をするようにしましょう。

白い歯を取り戻すホワイトニング

入念に黄ばみ予防を施しても、一度変色してしまった歯は元通りにはなりません。白い歯を取り戻したい人は、ホワイトニングを施すことが勧められます。

ここでは、様々なホワイトニングの種類について紹介します。

ホワイトニングの種類【セルフ編】

ホームホワイトニング

専用のマウスピースを用いて、自宅で施術するホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングよりも手軽に行うことができます。装着時間が2時間と長いので大変ですが、歯の白さが1年~2年と長持ちするのが魅力的です。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使って歯磨き

ホワイトニング専用の歯磨き粉とは、「薬用ハイドロキシアパタイト」や「マクロゴール400」などを配合している、歯を白くすることを目的とした歯磨き粉のことです。

「どうせ毎日歯磨きをするなら、歯を白くしてくれる歯磨き粉を使いたい」という人におすすめ。

ホワイトニングの種類【クリニック編】

オフィスホワイトニング

高濃度の薬剤を歯の表面に塗って、レーザーを照射し、本格的に歯を白くするのがオフィスホワイトニングです。歯科医院でしか受けられないので、利便性はありませんが、すぐに歯の白さを実感できる即効性があります。歯の黄ばみをすぐに解消したいという人に向いている方法です。

デュアルホワイトニング

歯科医院で本格的にホワイトニングをして、さらに自宅でも専用のマウスピースを使ってホワイトニングする方法がデュアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法なので、即効性と持続性の両方を持ち合わせています。費用もその分高くなってしまいますが、歯の白さにこだわっている人にはおすすめです。

必見!ホワイトニング体験レポート
オフィス・セルフ・ホームホワイトニングの効果実証しました