HOME » 歯を白くするためにホワイトニングの基礎知識 » 歯の黄ばみの原因って?

歯の黄ばみの原因って?

要注意!日常にひそむ歯の黄ばみが起こる原因

みなさんの中には、毎日ごしごしと欠かさず歯磨きをしているにもかかわらず、歯の黄ばみがとれないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?じつは、歯の黄ばみが気になって、思う存分口を開けて笑うことができないというひとはたくさんいるのです。それでは、いったいなぜこのような歯の黄ばみが起こってしまうのでしょうか?

知っておくべき歯の仕組み

人間の歯というものは、3つの構造でできています。まず一番表面にあるのが「エナメル層」とよばれるもの。このエナメル層が、もっとも多くの外的影響を受けやすく、歯石や食べものなどの有機物、飲食物、糖タンパクなどが付着して歯に黄ばみを与えてしまうのです。しかし、それらの多くは毎日の歯磨きによってきれいに保つことができます。

エナメル層の内側にあるのが「象牙質」、そして最も中心部位置しているのが「歯髄」です。歯髄は、おもに歯の神経を覆っているデリケートな場所。ここはそれほど色による影響を受けることがありません。ただし、要注意なのが象牙質。普段は乳白色をしているこの象牙質ですが、個人差があり、白っぽい人もいれば、より黄色に近い人がいます。エナメル質は比較的半透明なので、この象牙質の黄色が透けてしまい、歯をより黄色く見せてしまうのです。つまり、これが歯の黄ばみの原因です。

特に、黄色人種は象牙質が黄色く、エナメル質もより透明度が高いといわれています。元来このような性質をもっている私たちが、黄色くなりやすいたばこやコーヒーなどを口のなかに入れてしまい、さらに歯の手入れを怠ってしまうと、より歯を黄色くさせてしまうのです。

また、虫歯にも要注意。虫歯になるとエナメル質が段階的に黄色みを帯びてきて、象牙質まで侵攻すると茶色に変化。さらに歯髄にまで到達すると黒っぽく変色してしまいます。そのほかにも、加齢によりエナメル質が薄くなることで、象牙質の黄色さが際立ってしまったり、エナメル質形成不全症とよばれるエナメル質の障害によって黄色い部分が際立ってしまうこともあります。

このように、歯が黄色いということは、それだけ口のなかの健康が損なわれている状態にあるということです。歯の黄ばみが気になる人は恥ずかしがらずに、歯科医院などに足を運んで、黄ばみの原因を取り除き、健康な白い歯を手に入れてみましょう。

その方法として、病院で行えるオフィスホワイトニングは最適です。

必見!ホワイトニング体験レポート
オフィス・セルフ・ホームホワイトニングの効果実証しました