HOME » 歯を白くするためにホワイトニングの基礎知識 » セルフホワイトニングって?

セルフホワイトニングって?

自分の手で歯を白くできるセルフホワイトニング

日本の法律では、資格をもった歯科医師や歯科衛生士以外が治療のために口のなかに触れることを禁止しています。そのため、サロンなどで行うセルフホワイトニングでは、歯を白くしたいお客自身が安全なホワイトニング剤などでホワイトニングを行うのです。

メリット

実際にホワイトニング施術を行うのは患者自身なので、オフィスホワイトニングなどとはちがって人件費がかかりません。また、設備などにお金をかける必要もないので、低価格でホワイトニングを行うことができます。一回あたりのホワイトニングの時間は約30分ほど。化粧品や食品などにも含まれている低刺激のホワイトニング剤を使用するので安全です。予約なども必要がないので、自分のペースに合わせて施術を行えます。

デメリット

基本的には、セルフホワイトニングはサロンやエステなどで行います。また、専門知識をもった歯科医師や歯科衛生士もいないので、医学的に証明された効果を期待することはできません。また、せっかく足をエステやサロンなどに足を運んだにもかかわらず、施術は自分で行わなければなりません。足を運ぶ手間がかかるというデメリットもあります。さらに低刺激とはいえ口のなかに薬剤を入れることになるので、安全性を十分に考える必要があります。エステやサロンなどは手軽に開業することができるので、誇大広告などにつられて入らないように注意しておきましょう。

オフィスホワイトニングの料金相場

平均的な料金相場は1回あたり5,000円以内というところが多いようです。サロンやエステなどにもよりますが、人件費や設備費が必要ないので、非常に低価格でホワイトニングを行うことができます。

セルフホワイトニングの施術の流れ

  1. カウンセリング
    スタッフが歯の状態をヒアリングして、大まかな施術の流れを説明してくれます。ここで同意書にサインを求められることが多いようです。
  2. 歯磨き
    日常で行っている歯磨きをして、口のなかを清潔にします。その後、薬剤の効果を高めるために、歯の表面についた水分をよくふき取ります。
  3. 薬剤の塗布
    自分の歯にまんべんなく薬剤を塗っていきます。
  4. ライトを照射
    サロンやエステなどで異なりますが、一般的にはLEDライトを照射します。そして、歯磨きからライトの照射を何回か繰り返します。
  5. ゆすぎ
    最後に口のなかをよくすすいで、終了です。

必見!ホワイトニング体験レポート
セルフホワイトニングの効果を実証しました