ホワイトニング後の副作用とは

歯科医師の管理下のもとで行うホワイトニングは、基本的に安全で副作用の心配がほとんどありません。とはいっても「副作用ってどんな症状?」と気になる方もいますよね。そこで、ここではホワイトニングの副作用が起こりやすい人の特徴や種類、原因についてお伝えします。さらに、副作用がなく安全に施術できるクリニック選びの基準もまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね。

どのような副作用があるの?

ホワイトニングによって考えられる副作用は、大きく分けて2つあります。ここではその症状とメカニズムについてお伝えします。

知覚過敏

知覚過敏とは、冷たいものや酸味の強いものを食べた時に歯がしみたり、痛みを感じたりする症状です。ホワイトニングの施術後に、このような症状があらわれることがあります。原因として、歯の表面部分をコーティングしているエナメル質の割れ目に、ホワイトニング剤がしみだすことで起こる症状です。

歯のきばみが目立つ

ホワイトニング後に根元部分の黄ばみが目立つことがあり、この症状にはおもに2つの原因が考えられます。1つが、「根元部分に歯石や汚れがあってムラになる」2つめが、「歯をコーティングするエナメル質が薄くなったことにより歯の根元部分の黄ばみが見える」このような原因が重なることで歯の黄ばみが目立つようになります。

ホワイトスポットが目立つ

ホワイトニング後に「ホワイトスポット」という歯面の白斑が目立つことがあります。これは、一時的に歯の表面を覆うミネラルが溶け出して、歯の表面が薄いガラスのようになる症状のことです。原因として、栄養不足によるエナメル質形成がうまくできていない可能性があります。

歯の色にムラがある

薬剤や液の量が均一になっていないことが原因でおこります。自己流でホワイトニングをした場合の事例が多いです。

歯茎の変色

薬剤の濃度が高く、歯肉にホワイトニング剤が付着することで白く変色します。または赤くなって炎症になることがあります。

副作用が起こりやすい人の特徴

副作用は誰にでも起こるわけではありません。ここでは、副作用が起こりやすい人の特徴をまとめています。

虫歯がある人

ホワイトニングの際、歯周病や虫歯があるとすぐに施術を受けることができません。理由として、歯周病や虫歯のままホワイトニングを行うと、歯茎や歯が痛む可能性があるからです。なるべく虫歯の治療を受けてからホワイトニングするようにしましょう

歯に傷、割れがある人

歯の表面に傷や割れ目などのダメージがあると、施術の際にホワイトニング剤が神経までしみて痛みの原因になります。そのため、施術前に歯の状態をチェックしてもらうことが大切です。歯にダメージがある場合は、傷を補う治療を受けた後にホワイトニングを行います。

光過敏症の人

光過敏症とは、強い光をあびることで皮膚に水疱や赤い斑点ができてしまう病気のことです。このような疾患を持つ人は、歯科医師と相談して光を照射しないタイプのホワイトニング方法を選ぶと良いでしょう。

安全に施術を任せられるクリニック選びのコツ

なるべく副作用を起こさず、安全にホワイトニングを受けたいものですよね。クリニックの中には十分な検査をしないでホワイトニング治療を行うところもあります。ここでは、安心して施術を任せられるクリニック選びのコツをまとめてみました。

検査が詳しい

時間をかけてカウンセリングしてくれたり、レントゲン撮影でしっかり検査してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。検査にレントゲンを使用することで、隠れた虫歯や、肉眼で発見できない異常を早期に発見することが可能。歯の治療と合わせてホワイト二ングをすることができます。

安全な薬剤を使っている

ホワイトニングの命といっても過言ではないくらい重要なのがホワイトニング剤です。ホワイトニング剤の効果を最大に発揮するためには、できるだけ早いうちに使用することが大事になってきます。ホワイトニング剤の管理方法や輸入ルートに注力しているクリニックを選ぶと良いでしょう。

歯茎をしっかり保護してくれる

初めてのホワイトニングで痛みが心配な方は、歯茎部分に薬剤から保護してくれる保護ダムを塗って施術するクリニックを選ぶようにしてくださいね。

なるべく歯医者やサロンに相談しよう

歯のホワイトニングには様々な副作用がありますが、医師が行うホワイトニングであれば特に問題ないです。しかし、個人で海外から輸入したホワイトニング剤を使用してしまうのはかなり危険。外国人と日本人では歯の質が違いますし、歯や歯茎にダメージを与えてしまうリスクがあります。よって、なるべくホワイトニング、虫歯治療、歯周病検査などアフターフォロー体制が整っているクリニックやサロンに相談するようにしましょう。白くてキレイな歯を維持するために、長く付き合えるクリニックを選ぶようにしてくださいね。

憧れの白い歯を目指して おすすめホワイトニング法の口コミ情報ガイド
歯を白くするために
ホワイトニングの
基礎知識