オフィスホワイトニングって?

効果的に歯を白くできるオフィスホワイトニング

定期的に歯科医院に通って、歯科医師に歯を白くしてもらうことを、オフィスホワイトニングといいます。一般的な歯科医院では、高い濃度の薬液とレーザーなどを用いて、短期間でホワイトニングを行います。希望する歯の白さを手に入れるには個人差があり、人によっては何度も通院する必要があります。

メリット

  • 一回の治療で歯のトーンアップ効果が得られ、ホワイトニングに関する知識が十分になくても受けることができます。
  • 歯科医師に施術を任せるスタイルなので、丁寧なデンタルケアで安心してホワイトニングを受けることができます。
  • 従来の審美歯科と違って、歯を削ることなどはしないので歯を健康に保つことができます。
  • 自分で継続的に行うことで効果を発揮するホームホワイトニングと異なり、一度の施術で高い効果を得ることができます。

高濃度の薬剤、歯を白くする効果を高めるレーザーなどを用いるために、施術後すぐに希望に近い歯の白さを手に入れることができます。専門知識や技術をもっている歯科医や歯科衛生士が施術を行ってくれるので、安全に行うことができるのも大きなメリットといえるでしょう。また、自分ひとりでケアを行う手間も省くこともできます。

デメリット

  • 専門医の技量や知識をそのまま使用するので、一度の施術にかかる費用が高めになってしまいます。
  • 高いホワイトニング効果を得るために効能の強い薬剤(過酸化水素など)を使用するため、施術後2~3日は知覚過敏(ちかくかびん)を誘発してしまうことがあります。
  • 一度に薬剤の成分を浸透させるので、効果の持続性を定着させるために施術直後には着色料の多い食べ物を制限する必要があります。

通院することですぐに歯の白さを手に入れることができますが、定期的なケアが必要なことが大きなデメリットといわれています。平均持続期間は約3~6か月ほど。当然のことながら歯磨きなどの生活習慣の改善は必須です。

1回の施術でどの程度の効果が出るのか

初めての人は、1回のホワイトニングで1~2トーン歯が白くなります。

希望する白さにもよりますが、だいたい3回の処置を続けて受けることで3~5トーン白くすることができます。

オフィスホワイトニング施術前の歯

オフィスホワイトニング施術後の歯

引用元:1回の施術で効果アリと評判のブライトホワイト体験レポート

オフィスホワイトニングの効果は持続するのか

一般的な持続期間は3~6か月程度で、ホームホワイトニングに比べると持続期間は短くなります。これは一度の施術で高い効果を発揮するため、持続効果が弱いためです。

色戻りをできるだけ抑えるためには、食べ物・飲料水やデンタルケアを改善したりホームホワイトニングを併用したりすると持続効果を維持することができるでしょう。

また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングとの併用をすることにより、さらに希望の白さを近づけることができます。

これはデュアルホワイトニングと呼ばれ、オフィスホワイトニングで短期間に白くした歯をホームホワイトニングで補強することができるから人気です。

オフィスホワイトニングの種類

ハイライト

世界で最初のホワイトニングシステムで、日本の企業「松風」のアメリカ法人が開発しました。現在の全てのオフィスホワイトニングの原型となっていて、ホワイトニング剤を歯に塗って、ハロゲンライトを照射して歯を白くします。1回の施術で、1段階~2段階歯を白くすることができます。

ブライトスマイル

NASAの科学者「Dr.John Warner」が開発したホワイトニングシステムで、1回の施術で8段階~10段階白くすることができます。世界中で100万人以上の人が使用している信頼できるマシンです。

ズーム

アメリカの大手ホワイトニング企業「Philips Oral Care」が開発したホワイトニングシステムで、波長の短い高出力のメタルハライドランプを照射して、歯を白くします。1回の施術で4段階~6段階白くすることができます。

ビヨンド

中国の「Byond Dental&Health社」が開発したホワイトニングシステムで、ハロゲンライトを使用して歯を白くします。国内約4,000件の歯科医院に導入されていて、安心して利用できるシステムとなっています。1回の施術で5段階程度歯を白くすることが可能です。

ルマクール

アメリカの「Luma Lite社」が開発したホワイトニングマシンで、LEDと35%の薬剤を使用して歯を白くします。1度に上下12本~16本程度の歯を白くすることが可能で、1回の施術で2段階~5段階白くなります。

ティオンオフィス

日本の企業「GC社」が開発したホワイトニングシステムで、低刺激性と高い効果 を両立させた新しいシステムです。1回の施術で、3段階白くすることができます。

オフィスホワイトニングで使用される薬剤

過酸化水素

ホワイトニングの薬剤として使用されているほとんどは、過酸化水素を主成分としています。効果が早く出る過酸化水素30%前後の高濃度の薬剤は、歯科医院でしか取り扱っていません。

過酸化尿素

過酸化水素よりも酸化反応が遅い過酸化尿素は、時間をかけて歯を白くするホームホワイトニングに適しています。ただ、過酸化尿素は酸化反応の過程で、過酸化水素に変化するので、効果は過酸化水素と同じになります。

ポリリン酸

着色物を除去する作用があるポリリン酸は、その作用を生かして、最近ホワイトニングに使用されるようになりました。元々体内にある成分で、厚生労働省が安全性を認めているので、安心して使用できる薬剤です。

オフィスホワイトニングの料金相場

施術を行ってもらう歯科医院によって異なりますが、一般的な歯科医院では、1回30,000~50,000円ほど。ホワイトニングを専門に施術を行っている歯科医院では、10,000~30,000円ほどだといわれています。

オフィスホワイトニングの施術の流れ

  1. カウンセリング
    歯科医師や歯科衛生士などの専門知識をもったスタッフが一人ひとり丁寧に相談に乗ってくれます。「こんな白さにしたい!」「ここが気になる」といった疑問や不安点は、なんでも相談してみましょう。
  2. クリーニング
    汚れの原因となっている歯についた歯石などを除去します。またクリーニングには、ホワイトニング剤を歯に浸透しやすくする効果もあります。
  3. 薬剤を塗布
    ホワイトニングジェルで歯肉を保護しながら、高濃度のホワイトニング剤を塗布していきます。
  4. ライトを照射
    仕上げにレーザーライトを照射させて、よりホワイトニング効果を高めていきます。歯の状態によって、照射時間や回数は異なります。
  5. ジェルの除去~ホワイトニング完了
    最後にホワイトニングジェルを取り除いて、歯をクリーニング。そしてホワイトニングが完了です。

オフィスホワイトニングの注意点

ホワイトニングの効果を高めて白い歯でいるためには、食べ物やデンタルケアに気をつけましょう。オフィスホワイトニングを受けた後に、意識するべき具体的な注意点は次の通りです。

食べ物に気をつけよう

施術を受けた直後は、なるべく飲食を避けるのが好ましいです。

特に、酸性の高い食品を摂取すると、酸の働きによって歯のエナメル質が溶けてしまう恐れがあります。特に飲み物は、無意識のうちに口にしがちです。

施術後の食事に関しては、事前に酸性の有無を確認しておくようにしましょう。

【施術後は控えたい酸性(pH5.5以下)の食品】

  • コーラなどの炭酸飲料、柑橘系飲料、スポーツドリンク、栄養ドリンク
  • ビタミンCを含む食材
  • ヨーグルト、乳酸飲料
  • うめぼし、ピクルス
  • ケチャップ、タバスコ
  • 赤ワイン、ビール、発泡酒など

酸性以外にも、歯に着色しやすい食べ物は控えなくてはなりません。

【着色しやすい食品】

  • コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶などの飲み物
  • ブルーベリー、イチゴ、ブドウなどのフルーツ
  • 醤油、ソース、味噌などの色が濃い調味料

こう見ると、制限される項目は非常に多いことがわかります。では、逆にホワイトニング後は、どのようなメニューを食べればいいのでしょうか。

【ホワイトニング後でも食べられる食品】

  • カルボナーラなどホワイトクリームを使用したパスタ、とんこつ・塩ラーメン、うどん
  • 白米、パン(ジャムではなくマーガリンを使用する)、フライドポテト(塩のみ)
  • 鶏肉、白身魚、エビ、しらす
  • ダイコン、レタス、里芋、キャベツ

施術後でも、口にしていい食品は意外と多いです。しかし、ソースや調味料を使用する際は、酸性や着色しやすい成分が含まれていないことを忘れず確認するようにしてください。

施術直後のタバコは厳禁!

ホワイトニングによって手に入れた白さも、タバコのヤニがついてしまっては台無しです。

しかし、喫煙者の方にとって、いきなりタバコを断つというのは非常に困難です。そのため、タバコは最低限のルールを守って吸うようにしましょう。

【オフィスホワイトニングの場合】

オフィスホワイトニングでは、歯のミネラル分とタンパク質の皮膜であるペリクル層が一時的に失われる、過酸化水素を使用します。そのため、施術から24時間は歯に着色しやすい状態になってしまうのです。

オフィスホワイトニングを施術した際は、術後24時間は禁煙することが勧められます。

【ホームホワイトニングの場合】

比較的、過酸化水素の濃度が低い薬剤を使用しているホームホワイトニングは、術後1時間程度の禁煙で大丈夫です。

ヤニは水に溶けやすい性質であるため、喫煙後すぐに口を濯げば着色を軽減することができます。ホワイトニング直後は、タバコと濯ぎは1セットとして考えるといいでしょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどっちがいいのか

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、それぞれ特徴が異なるので、どっちが1番良いというのは決められません。
予算・希望に合ったホワイトニングを選ぶことが重要になります。

まず、「歯の白さをすぐに実感したい!」という人には、効果が高く即効性があるオフィスホワイトニングが向いています。
ただ、オフィスホワイトニングは薬剤濃度が高く、施術費用が高いので、刺激が気になる人や費用を安く抑えたい人には向いていません。
そして、「時間がかかっても良いから費用を安く抑えたい!」という人には、施術費用が安いホームホワイトニングが向いています。しかし薬剤濃度が低いため、人によっては白さに満足できない場合もあります。

このように施術方法によって違いは様々ありますが、ホワイトニングについて全く知識がないという場合は、まずオフィスホワイトニングを受けると良いでしょう。歯科医師が施術をしてくれるので安全に施術を受けられますし、歯並びが悪かったり持病があったりしてホームホワイトニングができない方でも、オフィスホワイトニングなら行うことができます。

必見!ホワイトニング体験レポート
オフィスホワイトニングの効果を実証しました