ホワイトニングでおすすめなのは?

プロがやる痛みのない安全なオフィスホワイトニング!

ホームやセルフホワイトニングとはちがい、オフィスホワイトニングは専門的な知識をもち、たしかな技術と経験をもった歯科医師や歯科衛生士が施術にあたってくれます。正直なところホームやセルフでは、上手にやらないと薬剤がしみてしまったり、痛みがともなうことがあったり、薬剤の量をまちがうと口のなかに思わぬダメージを被ってしまったりします。そんな苦労のわりには、思ったような白さにならず無念な結果に終わることも。オフィスホワイトニングでは、ホワイトニングのプロフェッショナルが、痛みのない、即効性のある白い歯に仕上げてくれるので、安心しておまかせすることができます。

オフィスホワイトニングbefore_after
ビフォーアフターをチェックする! ヤニに悩んでいるヤニ男 ヤニ男の俺が体験したぜ!

おすすめオフィスホワイトニングサロン5選

ティースアート

ティースアート
所在地

【銀座店】
東京都中央区銀座3-12-15

【新宿店】
東京都新宿区新宿3-15-16
イセタンビューティパーク1-6F

【日比谷店】
東京都千代田区有楽町1-2-2
日比谷シャンテ B1F

【渋谷店】
東京都渋谷区桜丘町26-1
渋谷セルリアンタワー東急ホテル3F

【自由ヶ丘店】
東京都世田谷区奥沢5-24-7
GREENHILLS自由が丘 B1F

※ほか、札幌店や福岡店など、全国に12店舗あり

公式HPはこちら
1回の施術効果
1回で8~10段階

痛みのない1度の施術で、透き通るような白い歯に
20年前にオープンした日本で初めてのホワイトニングサロン。ホワイトニング先進国アメリカでもっとも効果のあるホワイトニングといわれている「ブライトホワイト」は、1回の施術で絶大な効果を発揮すると、評判高いメニューです。

口コミ体験談

「半信半疑ながらホワイトニングをうけることに。ふかふかのリクライニングシートで歯の表面をきれいにしたり、ライトを照射したりして施術を行ってくれました。驚くことにまったく痛みがなかったです! そのうえ、歯がまるで真珠みたいにきれいになりました」

「以前に歯のトラブルで神経を抜いた歯があったのですが、ティースアートさんでは、そんな歯でもしっかりとホワイトニングしてくれました!治療内容や料金の説明も明確で、『痛みがないですか?』と声をかけてくれて、本当に信頼できるホワイトニングだったと思います」

ティースアートについてもっと知りたい方はこちら

ハピュア

ハピュア
所在地
東京都港区六本木3-13-10 北麻布ビル4F
公式HPはこちら
1回の施術効果
1回で5~9段階

歯の予防を重視した、健康的なホワイトニング施術
「白くてきれいな歯は、最大限の身だしなみのひとつだ」というアメリカの考えを深く取り入れている、ハピュアデンタルクリニック。主に予防を目標とした施術を行い、ホワイトニングや審美治療にも力を入れてきました。

口コミ体験談

「ホワイトニングを受けるのが初めての私にも、しっかりとわかりやすいカウンセリングを行ってくださいました。ひとつひとつ丁寧なご説明をいただけたので、リラックスした状態で施術に臨むことができ、本当によかったです。」

「いつも痛みがないように、本当に気を遣って治療をしてくれて、的確なアドバイスをしてくださる院長さんなので、心から信頼しています。余計な勧誘などもいっさいなく、安心感のあるクリニックだと思います。」

ハピュアについてもっと知りたい方はこちら

ホワイトニング東京

ホワイトニング東京
所在地
東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山2F
公式HPはこちら
1回の施術効果
1回で6段階

まるでエステサロン!リラクゼーション効果抜群のサロン
アロマの香りがただようおしゃれ院内が人気。プライベート空間がしっかり確保できる完全個室で、心からリラックスをしながらホワイトニングの施術を受けることができます。アフターケアも万全。

口コミ体験談

「治療前は、ほんの少し痛みを感じましたが、染み止めの薬をいただけたので、我慢することができます。歯の根元の方まで白くきれいになったので、行ってよかったと思いました。本当にうれしいです。」

「この料金でこんなにも歯が白くなるなんて、行った甲斐がありました。ホームケアについても教えてくださったので、アドバイスいただいた通りに頑張って、これからも白さをキープし続けたいと思います。」

ホワイトニング東京ついてもっと知りたい方はこちら

ホワイトエッセンス

ホワイトエッセンス
所在地

【銀座】
東京都中央区銀座3-2-15  ギンザ・グラッセ5F

【新宿】
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  新宿タカシマヤタイムズスクエア12F

【池袋】
東京都豊島区西池袋1-20-1 I.TOWER 5F

【六本木】
東京都港区六本木7-5-8  FLEG六本木primo4F

【渋谷】
東京都渋谷区神南1-22-8  渋谷東日本ビル9F

※ほか、全国に150店舗以上あり

公式HPはこちら
1回の施術効果
1回で5段階

返金・中途解約金制度ありのデンタルエステサロン
セラピストをはじめとするスタッフの多くが国家資格をもっているということで、安全性はとても高いと思います。業界初の返金・中途解約制度も実施しているデンタルエステサロンとしても有名です。まるで豪邸のようなラグジュアリー感があり、アロマの香りが漂うとても居心地のいい場所。

口コミ体験談

「喫煙者なので、どれくらい歯が白くなるかが気になっていたのですが、自分が想像していたよりもはるかに白くしてくれてびっくり! まわりから『本当に歯がきれいだね』とほめられるようになって、とても大満足です。これからも定期的に通い続けていこうと思います」

「スタッフの方たちの対応がとても丁寧で、エステサロンのようにくつろぐことができるクリニックです。安心感があるので毎回通うのが楽しみになってきます。わたしは平行してホームホワイトニングをしているのですが、アドバイスもちゃんと授けてくれるので、助かっています」

ホワイトエッセンスついてもっと知りたい方はこちら

ホワイトホワイト

ホワイトホワイト
所在地

【恵比寿本店】
東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F

【ルミネ新宿店】
東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F

【ルミネ有楽町店】
東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F

公式HPはこちら
1回の施術効果
1回で1~2段階

何度も通い続けることで確実なホワイトニング効果を
開業20年になるホワイトホワイトは、ほかのサロンやクリニックで使われている光や レーザーなどを使わず、専用ジェルのみでホワイトニングを行っているという、めずらしいクリニックです。利用者の高い満足度と多くの有名人が来店することでも有名です。

口コミ体験談

「営業職に就いている20代の男性です。歯が黄色いことがコンプレックスだったのですが、口コミを聞きつけて訪ねてみました。オフィスとホームを併せたホワイトニングのおかげで、想像以上の白さになりました」

「ホワイトホワイトは、歯をしっかりと白くしてくれると思います。駅に直結しているので通いやすいし、芸能人もやってくる有名なクリニックなので、ほかの人にも自慢ができちゃいます。ルミネカードを利用できるのも地味にいいです!」

ホワイトエッセンスついてもっと知りたい方はこちら

セルフホワイトニングサロン一覧表

ホワイトニングサロンなどに足を運んで、施術室に入って専門家の指導のもと自らが行うホワイトニングをセルフホワイトニングといいます。歯科医師や歯科衛生士が施術を行わない分、人件費や設備にかかる費用が必要ないことから、比較的安価で行うことができ、ホワイトニング中の姿も他人に見られることがないため、気楽にそして手軽に、自分のペースに合わせてホワイトニングができるというメリットがあります。

セルフホワイトニングサロンをチェック

ホワイトニングに関するQ&A

歯科医院やデンタルエステサロンなどで、歯科医師や歯科衛生士にホワイトニングを行ってもらうことをいいます。通常では扱いの難しい薬剤などを専門家が安全に使用してくれるので、即効性のある歯の白さを期待することができます。

エステサロンなどに足を運んで自分で行うホワイトニングのこと。サロンによっては、歯科医師や歯科衛生士などの専門家がいるところもあります。使われているホワイトニング剤は低刺激のものが多く、オフィスほどの即効性は期待できません。

薬剤やマウスピースなどのアイテムをそろえて、自宅で自分の手によって行うホワイトニングのことをいいます。日中や寝ているときに使用でき、自分のペースに合わせられるので、自由度の高いホワイトニングが行えます。

個人差があり、一概に効果がある期間を断定することはできませんが、施術方法によってある程度の期間を予測することは可能です。例えば、オフィスホワイトニングであれば即日、ホームでは、1~2か月ほど。しかし、やり方や歯の状態などによって期間は大きく変わってきます。

歯は3層に分かれていますが、一番表面にある「エナメル層」に付着した汚れやヤニ、2つめの層である「象牙質」が黄色く変色するといったことから黄ばみが目立つようになるといわれています。象牙質の黄ばみは歯科医院に行って、取り除く必要があります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングとは自分の歯を白くするための施術です。審美歯科などで施してもらえます。このホワイトニングにもいくつかの手法・種類があることをご存知でしたでしょうか。ここでは歯科医院で広く受けることができるホワイトニングの種類をご紹介します。

1.オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング施術です。自分の好みの歯の色になるまで高濃度のホワイトニング薬剤を用いて短期間で歯を白くしていきます。1回の施術につき40分~1時間程度の時間がかかります。またホワイトニングを行う前に虫歯や歯周病がある場合はそちらの治療を優先させます。

歯石除去やクリーニングを行った後に施術をすることが一般的です。満足できる歯の色に仕上げるには、3回以上の施術が求められます。費用は自費診療となり、1回につき5,000円~8,000円程度の費用がかかります。

高濃度の薬剤を使うため、知覚過敏などの副作用が発生することがあります。また歯の表面が荒れてしまうため、オフィスホワイトニング後48時間以内にステインが付きやすい喫煙や色素が強い食事をすると、歯の表面に色素が付きやすくなるデメリットがあります。

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニング法です。歯科医院で個人専用のマウスピースを作成し、その中にホワイトニング剤を注入し歯にマウスピーストレイをはめ込んで自宅でホワイトニングを行う方法です。

オフィスホワイトニングを行う場合に比べると低濃度の薬剤を使用するため、自宅での施術でも安心できることでしょう。施術時間は1時間程度。週に1度程度の時間を作り3~5回程度のホームホワイトニングで白くすることを目指します。

低濃度であるため、知覚過敏等の副作用が置きにくいのがメリットです。自宅にいる時間を使って施術できるメリットもありますが1時間前後の拘束があるため余裕がある時に施術を行う必要があります。

ホームホワイトニングの前処理として、虫歯治療、クリーニングの他、ホワイトニング用トレーの作成の時間を要します。費用は上・下片側のみで1枚15,000円程度。追加でホワイトニング用ジェルを購入して行きます。

3.デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとデュアルホワイトニングを並行して行うホワイトニング施術です。施術回数を少なくしたい、持ちをよくしたいという場合に用いられます。更なる白さを求めたいという方におすすめです。費用は35,000円前後。2回程度のオフィスホワイトニング費用が含まれています。

歯が黄色いことで印象が悪くなる?

初対面では、顔の印象=その人の第一印象に繋がります。初対面では、人間の視線は目から口元へと見ている時間は5秒ほどですが、わずかな時間で第一印象が決まってしまい、ついてしまった印象はなかなか打ち消すことはできません。

人間の歯は白と思っている人が多いだけでなく、白い歯はさわやかなイメージがあり好印象です。ところが黄ばみがある歯は磨き足りない人、さらに食べ物のカスがついていると不潔な印象がついてしまい第一印象はよくありません。

1.不健康に見える

歯はエナメル質と象牙質そして歯髄と3層からできています。内側の歯髄は神経や血管が集まっていることから赤く、真ん中の層にある象牙質は薄黄色や褐色が含まれる黄色い色味があります。一番外側のエナメル質は乳白色に近い色味があります。

歯の色=白ではなく、歯の色は人種によっても異なります。日本人は一番外側にあり乳白色のエナメル質が薄いことから黄色く見えがちです。欧米のかたよりも日本人の歯が黄色く見える理由は歯の構造の違いです。

ただし、歯に汚れをついていると黄色が強くなってしまいます。日本人はデンタルケアの必要性を軽く捉えてしまい、虫歯や歯のトラブルがないと定期健診やクリーニングをする機会が少ないです。日本人の歯は欧米人の方々よりも歯に汚れが残ってしまっていることが多く、歯がより黄色く見えてしまいます。

2.清潔感がない

歯に食べ物のカスがついていては清潔感がないのはもちろんですが、歯は虫歯や歯周病が原因で変色してしまって清潔感が失われることもあります。

虫歯は茶色から症状が進行すると黒へと変色していきます。虫歯部分だけで歯全体ではありませんが、一部が黒っぽいと、全体がくすんで見えてしまいます。治療中でも、詰め物などからくすんで見えることもあります。

歯周病は歯茎の内側が黒ずんでいき、歯茎と歯茎の間が黒くなっていきます。

歯周病が原因で神経が死んでしまったときには、血流悪化から黒ずんでしまったり、虫歯の治療から神経を抜いたりした場合には歯が黒ずむこともあります。

歯は白というイメージが強いため、くすんだ黒が口の中にあるだけで清潔感は失われてしまいます。

3.だらしない

口元は女性だけでなく、男性もチェックしている人が多いです。スタイル抜群でセンスもよい誰が見てもキレイな女性であっても、歯の色が汚れているといくら着飾っていてもだらしない印象を与えてしまいます。

歯並びは生まれついたものなので治療しないということは理解されやすいですが、ヤニやステインなど汚れはだらしないという印象を持たれます。ヤニやステインは日頃のケアでキレイにすることができます。現状の歯の状態をチェックするためにも、歯科医を予約して確認してみましょう。

すでについてしまった汚れは歯科医でクリーニングしてきれいな口元を目指していきましょう。定期的に歯科医でチェックすることによって、汚れを防ぎ、クリーニングして美しい歯を手に入れることができます。

ただ白いだけじゃだめ?自分に合った白さとは

黄色い歯は不潔に見えてしまうことから、ホワイトニングをしたいと検討している人や実際に施術を受ける人が増えています。ホワイトニングをすると清潔感を出すことができ、見た目が若々しくなったと高評価の口コミが多くみられます。ただし、やりすぎてしまうと白さが目立ち、日本人らしくない歯の色となって違和感が出てしまいます。

歯の白さを把握するために、シェードガイドという歯の明るさを示している指標があります。特に世界的に基準とされているVITAシェードガイドでは、色味を16段階で分類されていて広く使われています。

色白な人に多いピンクカラーのホワイトニング

ホワイトニングは歯の色だけでなく、肌色によって歯の白さを調整していきます。

小麦色の肌の人や色白の人は歯の色は同じでも、見え方は異なります。小麦色の人は歯の白さが目立ち、色白の人は歯がくすんで見えます。

小麦色の肌色の人が白すぎる歯にしてしまうと、明るすぎて歯が浮いて見えてしまうため、明るすぎない抑えめにしておきます。

色白の人は少し白めにホワイトニングに施さないと、肌の色に負けてしまって歯の色がくすんで見えてしまいます。

歯茎が黒ずんでいては、歯をホワイトニングして白い歯を手に入れても口元は不健康なままです。特に色白の肌の人は歯茎の黒ずみは目立ってしまいます。歯茎の黒ずみは、色素沈着や歯周病など原因はいろいろありますが、黒ずんだ歯茎を健康的なピンクホワイトニングする手法も合わせて行うと、より白い歯を引き立てることができます。歯茎のホワイトニングは1回だけでも効果があらわれます。多くても2回で終わるので気になるときには施術の検討をしていましょう。

日本人に多いイエローカラーに合うホワイトニングは?

日本人の歯は黄色が強い歯の色です。外国人の方から比べると黄色味が強いのは生まれつきです。ホワイトニングを施すときの白い歯の基準はそれぞれ異なります。ホワイトニングで白い歯を目指すときには、自分の理想では白すぎてしまって違和感が出てしまうことがあるため、第三者の意見を取り入れましょう。

歯科医院ではシェードガイドという器具を使って歯の色をチェックしていきます。日本人の平均的な色はA3~3.5ですが、W3~A1が人から歯が白いと気づいてレベルです。第三者の意見としては、A1のレベルが一般的に白い歯と認識されています。1階のホワイトニングでは、白くなる変化は3~6段階です。一般的には2~3回ホワイトニングで利用の白さを手にいれることができます。それ以上に白さを出してしまうと、違和感がでてしまいます。

テレビで見掛ける芸能人の陶器のような白い歯はW1~2というレベルです。芸能人のレベルの歯では一般的な日本人の歯としては違和感が出てしまうレベルとなってしまうため、より白くしていきたいという人以外は避けたほうが無難です。

好印象を持たれるホワイトニング

ホワイトニングは清潔感を与えることができます。人間の身体のパーツとして、指先や襟足なども目につきやすいですが、歯は清潔感から好印象を持たれます。歯は飲食から色がつきやすいため、歯が白いとセルフケアをしっかり行っているという印象を与えることができます。

歯の黄ばみやくすみからは好印象を与えることはできず、どこか不健康なイメージを持たれてしまいます。白い歯は、健康的な印象を与えることが可能です。日本人は黄色味が強いため、白すぎはやり過ぎ感が出てしまいます。日本人でホワイトニングをするときには、シェードガイドのレベルがA1で完璧な明るさとなりますが、レベルがA2であっても十分な白さを出すことができます。

コンプレックスの解消にも繋がる

日本人はもともと歯が黄色いですが、長年の飲食から歯に色素沈着してしまいます。歯の色を指摘されることは少ないですが、鏡を見て歯の色が気になってしまったり、コンプレックスとなってしまったりする人もいます。口元を隠すクセがつき、口を大きく開いて笑うことができず、他人から印象を誤解されている人もいます。

ホワイトニングは、単純に歯をきれいにみせる、健康的に見せるというだけでなく、口元に関してのコンプレックスを解消することができ、精神的にも落ち着かせることができるので、長年コンプレックスになっている場合にはホワイトニングはおすすめです。歯の色がコンプレックになっている人は、まずは自分の歯の色を確認してからどれぐらい白さを目指していくかを確認してみましょう。

面接や仕事でも効果を発揮?

ホワイトニングを施すことによって、笑顔に自信がついてきます。就職活動では面接時に笑顔で臨むことができますし、サービス業や営業職でも清潔感のある応対が可能になります。

歯にコンプレックスがある人は、つい無意識に手で口元を隠してしまうクセがついています。面接時に口元を手で隠してしまったり、顔を下げてしまったりしては印象が悪くなってしまいます。お客様と接する機会が多い、サービス業や営業職では特に笑顔で接すると、お客様に安心感を持ってもらうことができます。笑顔で対応できる接客は一番のサービスです。

口元を隠してしまったり、笑顔がなかなか作れなかったりすると暗いイメージ定着してしまいます。自然な笑顔は明るい印象を与えることができ、自然と自分の周りも笑顔で溢れることができます。

ホワイトニングの歯医者さんはどう選ぶ?

ホワイトニングを行う歯科医院は増えているので「実際にどんな歯科医院を選べばよいか分からない」という方が多いようです。口コミサイトを利用することも良いのですが「おすすめです」というような好感触の意見ばかりが多ければ信ぴょう性に欠けることもあるでしょう。かといってネガティブな意見が並べば利用に躊躇してしまいます。

まずは、この地域で長く続く審美歯科を探してみましょう。患者数が多い歯科医院であれば人気の歯科医院であることが分かります。また、どのような患者層が多いのかも確認しましょう。小児歯科・一般歯科を併用して上での審美歯科を併設している場合であれば、信頼度が篤い歯科医院であることが伝わります。ただし、利用する患者が多い場合に限るでしょう。

また清潔感が感じられる歯科医院・ホスピタリティが感じられる歯科医院であれば「また通いたい」と思います。これは実際に通った方でなければ感じることができません。口コミサイトを利用して歯科医院の評判を調べたいという場合は、「良かった・悪かった」だけではなく「歯科医院の雰囲気」等も探してみましょう。

ホワイトニングは時間がかかる施術です。多くの方は「会社帰りに通いたい」「会社が休みの土日に通いたい」と考えます。夜遅くまで行っている歯科医院や土日・祝日でも治療を行っている歯科医院も視野に入れていきましょう。もちろん待ち時間を少なくするため「完全予約制」を取っている歯科医院であれば安心できるはずです。そして、一番気にしたいのが、ホワイトニングの最新治療を導入している歯科医院であるか否かでしょう。初期の頃に導入されていたレーザーホワイトニング等を今でも導入している歯科医院は敬遠した方がよさそうです。安心できる薬剤を用いて効果的なホワイトニングを提供できる歯科医院に治療を依頼しましょう。

とはいえ、百聞は一見に如かず。ホワイトニングを利用する前にまずは気になった歯科医院で歯科検診を依頼したり、クリーニングを依頼するなど簡単な治療を依頼してみると良いでしょう。

ホワイトニングがおすすめなのはこんな人!

ホワイトニングをおすすめしたい方の特徴にはこのようなことが挙げられます。第一に結婚式などのハレの舞台を目前とする方や営業職・接客業の方です。ホワイトニングは1度の施術で歯を白くすることができますが、持続期間が3~5年であることがネックです。白さを持続させるためには、定期的なメンテナンスも必要となります。そのため、1度きり歯を白くしたいという方や、もちろん営業・接客など対人商売が中心で「歯が命」という方などに広くおすすめできるメリットがあります。

また、コーヒーや緑茶を常飲する方は歯に色素が付きやすくなります。歯のうらにヤニが付きやすい喫煙者等も歯が黒く見えてしまうため、ホワイトニングを行うことで健康的な歯の色を取り戻すことができるでしょう。歯の色が白くなるだけで「年齢が若く見える」「顔色が明るく見える」といったよい結果が得られます。自分自身のイメージチェンジを図りたいと考える方にもホワイトニングはおすすめと言えます。

逆に、歯周病がひどい人や虫歯疾患を持っている方、歯石の付着が強い方にはホワイトニングの施術が提案できません。神経のない歯に対してもホワイトニングは無効となります。まずは歯科医による健康診断を行い、歯周病や虫歯の治療、歯のクリーニングを行ってからの施術となりますので注意をしましょう。

また、ホワイトニングは小児や妊婦に対しては施術ができません。禁忌等も含めて医師の判断を仰ぎましょう。

ホワイトニングをおすすめしないつの3ケース

歯を白くするホワイトニングは誰しもあこがれる白い歯になれる施術です。しかしホワイトニングは誰でも受けられるわけではありません。ホワイトニングは「治療をすることができない人」「治療をしても効果が期待できない人」に分かれます。

例えば小さなお子様や18歳未満の人、妊娠中や授乳中の方、重度の歯周病を患っている方などは「治療をすることができない人」の類に入ります。またホワイトニング施術は低濃度の過酸化水素水を使用するため、糖尿病や膠原病、腎臓疾患などの方には施術後に健康悪影響が出ないとも限らないので「治療をすることができない人」に該当します。「ホワイトニング治療をしても効果が期待できない歯」とは虫歯で神経を取ってしまった歯や現在治療中の虫歯、歯の色がグレーに変わってしまっている人などが該当します。

その他にも以下の3つの条件に該当する人はホワイトニングをお勧めできません。

  1. 無タカラーゼ症である
  2. 入れ歯など天然の歯ではない
  3. 内因性変色があるなどのタイプ

このようなの人です。ホワイトニング施術を受けたいと思う方は自分が施術に該当するかどうかを口コミサイトなどで確認してから施術を受けるかどうか判断することをおすすめします。まずはホワイトニングについて調べる事から始めましょう。

1.無カタラーゼ症である

無カタラーゼ症とは別名「高原氏病」と呼ばれ過酸化水素を分解する「カタラーゼ」が不足している先天性の疾患です。

ホワイトニング施術では薄めた過酸化水素水を使用するため、無カタラーゼ症の人が施術を受けると口内で過酸化水素水の分解が行われないため過酸化水素水が有害物質として体内にとどまり口内壊死を引き起こす危険性があります。このためホワイトニング施術を無カタラーゼ症の人は受けてはいけない事になっています。

口コミなどで調べても決しておすすめできないことになっています。無カタラーゼ症の診断はオキシドールを一滴歯周ポケットに垂らすだけで判断します。泡がたったら無カタラーゼ症の疑いがあるのでその際はホワイトニング施術を受けられないのでご注意ください。

2.入れ歯など天然の歯ではない

ホワイトニング施術は「健康で生きている自分の歯を使用する」が大前提となっています。セラミックなどの素材関係なしに入れ歯や差し歯など歯はホワイトニング施術を受けられません。

また「生きている歯」ですので、神経を抜いてしまった部分の歯もホワイトニング施術を受けることはできませんのでまずはその前提を理解してください。

生きている歯ではありますが、タテに割れていたり欠損している部分がある場合でも色が上手く沈着しなかったり染まらなかったりする可能性が高いのでこちらも施術を受ける事はできない類となってしまいます。

入れ歯や差し歯などは別の方法で白く見せるこのとは可能なので口コミサイトなどで確認をしておすすめの歯医者を探してください。

3.内因性変色がある

歯の変色にはタバコや赤ワインなどの飲み物や食べ物などで沈着する「外因性変色」と加齢や薬の影響などによる「内因性変色」があります。ホワイトニング施術を受ける事ができないのはこの「内因性変色」を起こしている歯になります。

例えば加齢によってエナメル質が摩耗し、黄色く変色してしまった場合はホワイトニング施術を受けても色が上手く出ない可能性があります。また、フッ素によって白い斑点が出たり黒ずんでしまったり歯もホワイトニングができません。

またテトラサイクリンという感染症予防の薬を摂取すると歯が変色する場合があります。この変色もホワイトニングでは白くする事はできないので注意が必要です。

これらの歯はホワイトニングが難しいですがクリーニングやある程度きれいに見せる事は可能性もありますので口コミサイトなどでおすすめの歯医者を探しましょう。

歯医者できちんと説明を受けて安全に施術をしよう!

ホワイトニング施術を受けるには歯医者さんからきちんと説明を受けて安全に施術をうける事がポイントです。ホワイトニング施術は思い立った日にすぐ受けられるというわけではなく、まずは口コミサイトなどを見て予約を取るところからスタートします。例えば虫歯の治療などは患部を治療すればいいだけです、ホワイトニング施術の場合歯の一本一本を丁寧に施術しますので間がかかる事が前提となっています。

なかなか予約が取れにくいという特徴もあります。予約を入れたからすぐにホワイトニングをしてもらえるわけではなく、まずはしっかりとカウンセリングを実施します。ホワイトニングは人のコンディション次第で大変危険な施術になってしまう危険性もあるのでこのカウンセリングはとても重要です。

ここで希望の白さを決めて実際の施術の方法を決めます。すぐにでも歯を白くしたい人も多いようですが、カウンセリングをして当日施術できる歯医者は限られています。すぐにでもホワイトニング施術をしたい、というはやる気持ちは理解できますが、急いで施術をほどこすよりは日にちをかけた丁寧なホワイトニング施術をしてもらった方が、長持ちする美しい歯に仕上ります。ホワイトニングのリスクを回避するためにも、口内の安全を優先とした治療をしてくれる歯医者がおすすめです。

すぐに施術を使用という歯医者よりじっくりとカウンセリングを重視してくれる歯医者の方が信頼できます。口コミサイトを活用し評判をリサーチするところから始めましょう。

ホワイトニングを受ける前に注意したいこと

ホワイトニングで失敗しないためにもホワイトニングを受ける前から注意しておくことがあります。まず一番の懸念材料は「歯が白くならない」事です。

せっかくホワイトニング施術を受けたのに歯が白くならないのは困りもの。白くならないだけでなく、彩度に変化がないなど失敗のケースは様々です。歯が黒くった、知覚過敏になった、施術後に痛みが発生したなどという深刻なケースもあります。

その大きな原因は共通して「自分にあったホワイトニング施術を選択していなかった」という事にあります。ホワイトニング施術を実施している歯科医はたくさんありますが、ホワイトニング施術の看板を掲げているだけの歯科医、ホワイトニング施術が得意な歯科医など実態は様々です。

まずはネットで口コミをみて施術に間違いのない歯科医を探すと良いでしょう。できれば審美歯科に力を入れている歯科医がおすすめです。

もちろん自分自身が正しいホワイトニング施術の知識を身に着ける事も重要です。過度な期待をしない、ホームホワイトニングをする時は医師の指示に従うなど注意するなど、常に美しい歯にするために続けることを守ることで、夢に見た白い歯に近づく事になります。ホワイトニング施術を「受ける」ことだけでなく「受けられない想定」もしておきましょう。

ホワイトニングは「自分の歯」を白くする技術です。すでに神経を取ってしまった場所や入れ歯や差し歯がある人は施術を受けられません。また内蔵疾患や無カタラーゼ症のある人もホワイトニング施術は受けられません。まずはしっかりカウンセリングを受けてリスクがあるかないかを把握してください。

ホワイトニング後に摂取していい食べ物をチェック!

ホワイトニングで白い歯になっても食べたものであっという間に白い色が変色する危険性があります。ホワイトニング後は食事にも気を付けなければなりません。特に注意が必要なのはホワイトニングをしてから48時間の間です。

ホワイトニングをする時には歯の皮膜をはがしますが、施術後はその皮膜がはがれてエナメル質がむき出しの状態となっています。つまり他の色素が沈着しやすい危険な状態でもあるのです。皮膜は時間の経過とともに回復するので念のため48時間は歯の表面に色素が付かないように注意を払う必要があります。

ホワイトニング後に色が付きやすいもので気を付けたいのは調味料です。醤油やみそ、焼肉のたれやトマトソースなど色のついた調味料はそのまま沈着する恐れがあります。なるべく塩で味を付けた色の薄い料理を選びましょう。

またポリフェノールやアントシアニンを含んだ食品にも注意です。特に赤ワインやチョコレート、ブドウ、イチゴ、ブルーベリーなどのベリー系です。これらの色素は着色汚れが最もつきやすいので気を付けましょう。

そして、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶などタンニンやカテキンを含む食品も同様です。ホワイトニング後はネットで口コミなどを調べおすすめの食べ物や料理をチョイスするようにしてください。

ホワイトニング後におすすめの食べ物

ホワイトニングを行った後は、歯が刺激を受けやすい状態にあります。刺激の強い食べ物を食べるとせっかく行ったホワイトニングが無駄になってしまうので、最低でも2日間は食べる物を慎重に選びましょう。

特に赤ワインやチョコレートのようなポリフェノールを多く含む食べ物や、色の濃いカレーやほうれん草、醤油を使った料理は避けたほうが良いといえます。他にも、着色料が使用された食べ物は避けるように心掛けましょう。万が一刺激の強い食べ物を口にしてしまった場合には、すぐに歯を磨いてください。外出先ですぐに歯を磨けないといった状況なら、水で口を濯ぐといいでしょう。ホワイトニング後は歯のケアに最新の注意をはらう必要があります。

歯が黄ばみやすくなる食べ物5選

誰もが白くて綺麗な歯を手に入れたいと思っているでしょう。歯が綺麗だと健康的に見えるだけでなく、笑顔も素敵に見えるので何かとメリットが多いです。

しかし、普段の食生活の影響で少しずつ歯は黄ばんでしまうものです。ではどのような食べ物が歯を黄ばませてしまうのか、とても気になるところです。ここでは、歯が黄ばみやすくなる食べ物を5つ取り上げて紹介していきます。

黄色く着色してしまうカレーライス

黄色い食べ物の代表的なものがカレーライスです。カレーを服につけてしまって、黄色い汚れが落ちなくなってしまったという経験を持つ人は多いでしょう。

カレーにはウコン(ターメリック)と呼ばれる天然の着色料が含まれています。ウコンは黄色の色素を持つため、カレーも黄色く見えるのです。カレーを食べた後にすぐに歯を磨けば、色素はそれほど着色しません。

ところが、カレーを食べた後に歯磨きをせず長時間放っておくと、茶渋のように色素が付きやすくなるので注意が必要です。

一度色素が着色するとなかなか落ちにくいので、歯医者でクリーニングやホワイトニングの処置をしてもらうと良いでしょう。カレーを大好物とする人は多いので、歯の黄ばみには気をつけたいところです。

ポリフェノール豊富な赤ワイン

赤ワインといえば、ポリフェノールが豊富に含まれている飲み物で有名です。ポリフェノールには抗酸化作用があり、それがアンチエイジングや健康に良いと言われています。そのため、積極的に赤ワインを飲んでいる人が多いのです。

ところがこのポリフェノール、歯にとっては着色の原因となるタンニンが含まれています。タンニン自体は止瀉作用や整腸作用があって体には良い成分ですが、歯にとってはおすすめできるものではありません。

またワインにはアルコール分が含まれています。アルコールによって歯の表面にあるエナメル質が溶けやすくなります。そうなるとエナメル質の下にある象牙質が透けて見えるようになってしまいます。

象牙質自体が黄ばんでいるので、歯が黄色く見える要因となります。このように、タンニンとアルコールには注意が必要です。

クロロゲン酸色素が含まれているコーヒー

仕事の休憩やちょっとした息抜きに、コーヒーを習慣的に飲んでいる人が少なくありません。実はコーヒーも歯の黄ばみと関係があるのです。

コーヒーにはクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。このクロロゲン酸はコーヒー独特の香りや苦みのもとになる成分です。

ポリフェノールであるので動脈硬化や糖尿病の予防にもつながり、体にとってはとても良い働きをします。しかしながら、クロロゲン酸には色素沈着しやすいという性質があります。

そのため毎日コーヒーを飲むことによって、茶渋のように色が黄ばんでくるのです。またタバコを吸いながらコーヒーを飲むとより、歯の黄ばみがついてしまいます。コーヒーを習慣的に飲む人はこまめに歯のケアをすると良いでしょう。

保存料たっぷりの中濃ソース

フライ・揚げ物の味付けに使われることが多い中濃ソース。中濃ソースとはウスターソースと濃厚ソースの中間くらいの濃さを持つソースです。

程よいマイルドさに仕上がっているソースであり、フライにも料理にも使うことができる万能ソースとして知られています。この中濃ソースも歯の黄ばみやすい食品の1つなのです。

中濃ソースには保存料がたくさん含まれています。この保存料は歯の表面のエナメル質を傷つけて、歯の黄ばみを促すといわれています。

料理の味付けに中濃ソースは欠かせませんが、あまりソースをかけすぎない方が体の健康や歯の色にも良いかもしれません。ソースを使いすぎていると感じたら、かける量を減らして歯のケアを怠らないようにしましょう。

糖分とポリフェノールが含まれているチョコレート

体が疲れていると甘いものが欲しくなりますが、チョコレートを食べて元気を取り戻す人もいるでしょう。最近は一口サイズのチョコレートが数多く市販されているので、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

このチョコレートの中にはカカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールには抗酸化作用があるため、アンチエイジングには適している成分です。そのため適量にチョコレートを食べることは健康維持にはとても良いのです。

ところがカカオポリフェノールには、歯の黄ばみを促す作用があります。そのためチョコレートを食べ過ぎてしまうと、歯の黄ばみを助けてしまうので注意が必要です。

更に砂糖は虫歯の原因になるので、チョコレートを食べた後はしっかり歯を磨きましょう。

歯の白さを保つために大切なブラッシングのコツ

歯を白くするために、口コミなどで評判の良い歯医者を見つけてホワイトニングをしてもらう人もいるでしょう。口コミの評判通り、白く綺麗な歯を取り戻して満足する人も少なくありません。

ただ歯を白く保つためには、ホワイトニングだけでなく自宅での歯のブラッシングも重要です。

毎日行うブラッシングなので、正しい方法を身につけておくことをおすすめします。ここでは、歯の白さを保つために大切なブラッシングのコツを紹介します。

歯ブラシの毛先をしっかりと歯に当ててから磨く

歯のブラッシングでは、歯ブラシの毛先の当て方がとても重要です。歯を磨くときには、歯ブラシの毛を歯の面に対して直角に当てることをおすすめします。

何故なら歯ブラシの毛をしっかり歯に当てることで、歯ブラシの毛先が歯茎の間に入って歯の汚れを取ることができるからです。歯の裏側を磨くときは、直角に当てることは難しいので、45度くらいの角度で歯ブラシの毛を当ててみると良いでしょう。

今まで長い間自己流で歯を磨いてしまっていると、歯ブラシの毛先の当て方を変えることは難しいことかもしれません。そのため、慣れるまでは鏡を見ながら歯磨きしてみると良いでしょう。

鏡で歯ブラシの毛先がきちんと歯茎に当たっているか確認しながら、歯磨きを進めてみましょう。毛先をしっかり当てて歯を磨くことは歯の白さを保つだけはなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

このように歯の健康を維持するためにも、歯ブラシの毛先をしっかり歯に当てて磨きましょう。

歯ブラシを大きく動かすのではなく小刻みに動かす

歯を白く清潔に保つためには、歯ブラシの動かし方が大切です。汚れを取るためにしっかり磨こうとして、つい歯ブラシを大きく動かしていませんか?歯ブラシを大きく動かして「こすりつける」ようにして歯を磨いてしまうと、歯の表面に着いた汚れを上手に除去することができません。

それどころか歯茎の炎症を起こしてしまい、かえって歯を傷つけることになるため逆効果になってしまいます。

歯ブラシを使うときは大きく動かすのではなく、歯ブラシを歯面に当ててから、振動させるように小刻みに横方向に動かすことをおすすめします。

何故なら細かく歯ブラシを動かすことで、歯面に着いた汚れを上手に落とすことができるからです。小刻みに歯ブラシを動かしながら10~30回ほど横方向に磨いていきます。

それを全ての歯に行っていきます。歯ブラシを小刻みに動かすためには、鉛筆を持つような感じで持つと良いでしょう。細かい汚れが落ちれば、歯を白く保つことができるのです。

ブラッシング時は軽い力で歯ブラシを動かすようにする

ブラッシングをするときに、汚れが落ちないからといってつい力を入れて磨いてしまっている人が少なくありません。確かに力を入れればしっかり汚れが取れそうな気がしますが、歯ブラシの毛先が広がってしまうため、かえって汚れが取れなくなることがあります。

しかも力を入れる分、歯の表面が傷つきやすくなります。また、歯茎から血が出ることがあるので注意が必要です。

ではどの位の力で歯を磨けばよいかというと、歯ブラシに100~200g程度の力を加えれば十分だと言われています。100~200gというとどの位の力なのか、イメージが付かない人が多いでしょう。

100~200gの力を感覚として覚えるためには、自宅にある秤を使って覚えてみましょう。歯ブラシの毛先を秤に押し当てて、100~200gを確認してみると良いです。

感覚をつかむために繰り返し確認することが大切です。力をあまり入れなくても良いことが分かるはずなので、軽い力で歯ブラシを動かしながら歯を磨きましょう。

ケアを間違うと色戻りが起こってしまう

ホワイトニングで歯を白くしても、その効果は永遠に続くわけではありません。繰り返し飲み物や食べ物を摂取することで、次第に歯の色が戻ってしまいます。戻るといっても、数日や数週間で白さが失われるようなことはありません。だいたい元の色に戻るまでに、数年は要するものです。

しかし、色素の強い食べ物ばかり摂取していると、白さが失われるスピードは早まるので、ホワイトニングの後には歯を気遣った生活習慣を身に付けましょう。

歯の白さを極力保つことはできますが、理想の白さをずっとキープすることはできません。数年おきなど定期的にホワイトニングを行って理想的な白さを保ち続けましょう。また、歯科医院でホワイトニングを行うと高い効果が期待できますが、自宅でもホワイトニングを行うことはできます。ホームホワイトニング用の薬剤は歯科医院で調合してもらえるので、薬剤とマウスピースを使って自分でケアするという方法もおすすめです。

ホワイトニングを行うと、元の歯の色がわからなくなり、少し色戻りしただけでもホワイトニングの効果が消えてしまったと感じることがあります。ホワイトニングの効果がすぐに落ちてしまうようなことはなく、色が安定しただけなのであわてないでください。

もしももっと白くしたいという希望があるのなら、再びホワイトニングを行うといいでしょう。歯の色は希望に合わせて選べるので、段階を分けて徐々に白くなるように調整を重ねていくというのも一つの手です。

正しいアフターケアの仕方

ホワイトニングの効果が薄れてしまう原因は、色素の濃い食べ物を摂取することにありますが、他にも磨き残しが原因となることもあります。歯についた磨き残しに色素が付着することで、白さが失われてしまうのです。磨き残しは歯磨きで解消できますが、時間が経てば固まって自力での除去は難しくなります。

普段からこまめに歯を磨いて、歯を清潔に保ちましょう。通常通りの歯磨きを続ければ問題ありませんが、回数が少なかったりタバコを吸う習慣などがあったりすると色素沈着が起こりやすくなるので注意が必要です。ホワイトニングの効果を持続させるためには、こまめな歯磨きが何よりも重要となります。

ケア方法に自信がなければ、歯科医院で定期的に歯のクリーニングを行ってください。歯科医師に相談すれば、ホワイトニング後の正しいケア方法を教わることもできるので、不安があれば歯科医院に相談しましょう。

歯の表面には通常、ペリクルという歯を守る膜がありますが、ホワイトニングを行うと膜が剥がれてしまいます。再びペリクルを歯の表面に付着させるためには、十分な唾液量が必要となります。口内が乾燥するとペリクルが形成されにくくなるので、口内は極力潤すように努力しましょう。特に、口呼吸をする癖がある人は、鼻呼吸をする人よりも口内が乾燥しやすい状態にあります。ガムを噛んだり口呼吸防止のテープを使用したりして、口の筋肉を鍛えてください。筋肉が鍛えられることで、常に口を閉じている状態をキープできるようになります。

ホワイトニング後におすすめの歯磨き粉

基本的に日本国内で販売されている歯磨き粉には、歯を漂白する成分が含まれているものは存在しません。そのため、歯を白くしたいのであれば、歯科医院でオフィスホワイトニングを行ったり、自宅でホームホワイトニングを行なったりしなければなりません。

歯磨き粉でホワイトニングのような効果を得ることはできませんが、歯の表面に付着した色素を除去し、ホワイトニング効果を持続させるケアを行うことはできます。一般的な歯磨き粉は、研磨剤によって歯の表面に付着した汚れを除去します。そのため、過度に歯磨き粉を使いすぎると、せっかくホワイトニングで白くなった歯の表面が削れて、元の黄色い歯に戻ってしまうので注意しましょう。また、研磨剤の効果で歯茎が傷ついて知覚過敏になることもあるので、歯磨き粉を使用する場合は正しい方法で使用するよう心掛けましょう。

歯磨き粉を選ぶ際には、研磨剤が微粒子レベルで含まれているものを選んでください。微粒子レベルにまで細ければ、歯の表面を大きく傷つける心配はありません。また、研磨剤に頼った汚れの落とし方ではなく、イオンや酵素の力で汚れを浮かせたり分解したりするものを選ぶと、歯の表面を傷つけることがないので安心だといえます。

定期的にメンテナンスしよう

ホワイトニングの効果は永遠に持続するわけではないので、定期的にメンテナンスを施す必要があります。特にオフィスホワイトニングは短期間で白い歯を手に入れられるというメリットがある反面、色戻りしやすいというデメリットもあります。

オフィスホワイトニングを行った場合は、3ヶ月から半年に一度はホワイトニングを行いましょう。また、ホームホワイトニングは効果を得るまでに時間がかかりますが、1年程度で効果が薄れるといわれているので、1年から3年に一度は再びホワイトニングを行うことをおすすめします。

最も色戻りが起こりにくい方法としては、ダブルホワイトニングが挙げられます。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行う方法で、手間や時間はかかりますが、高い効果を得られるだけでなく色戻りも起こりにくいといわれています。少しでも白い歯を保ちたいという人は、最初からダブルホワイトニングを選びましょう。

どの方法を選ぶにしても、定期的に歯科医院に通うことが必要となります。ホワイトニングを受けたいのであれば、自宅や職場から近い場所にある歯科医院を選んでおくことが大切だといえます。必要な時に気軽に立ち寄れるエリアにある歯科医院に相談してください。

マウスピースや薬剤の取り扱い方

自宅でホームホワイトニングを行う場合は、自身に合ったマウスピースを作成してもらいます。基本的に歯科医院で受けた指導を守っていれば、自宅で簡単にホームホワイトニングを行えますが、マウスピースには正しい取り扱い方があります。マウスピースが破損してもらうと作り直すために時間やお金がかかるので、正しい取り扱い方を把握しておきましょう。

マウスピースは治療が終わるまで繰り返し使用できますが、熱で変形することがあります。ガスコンロやストーブの近くでは保管しないように注意しましょう。また、繰り返し口の中に入れるものなので、乱雑に扱うと雑菌が繁殖してしまいます。衛生的によくないので、毎日こまめに洗浄する習慣をつけましょう。口コミでよくみられるマウスピースの作り直しが必要となる原因の多くは、ティッシュにくるんで保管したことによる紛失です。ティッシュに包んでおくとゴミと間違えて捨ててしまうことが多いので、注意してください。

マウスピースは大切に保管すれば10年程度使用できるので、適切に保管しておきましょう。同様に、薬剤にも正しい保管方法が定められています。直射日光を避けて冷蔵庫で保管するなど、正しい取り扱い方法を守って使用しましょう。

自然な歯の白さってどんなもの?

「自然な歯の白さ」にこだわりたいという方が多く見られます。そのためホワイトニングを受けて白い歯を取り戻したいと考えることもあるでしょう。平成に入った頃「芸能人は歯がいのち」というキャッチフレーズと白い歯を光らせる歯磨き粉のコマーシャルが社会現象となりました。日本人は「白い歯への追及」が時代を超えても変わらない関心ごとだということが分かります。

実は、人によって歯の色には個人差があります。そのため「自然な歯の白さ」には個体差があるのです。日本人は黄色人種ですので、歯も若干黄味がかった白色です。白色人種や黒色人種はエナメル質が厚い傾向にありますし皮膚の色とのコントラストで「歯が白く見える」といったメリットが生まれます。そのため、私たち日本人が「海外の人のような白い歯を目指したい」ということ自体「的が外れている」ということになります。

実際ホワイトニングを受けた日本人の一部には「自分が思い描いていた歯の色に近づかない」という理由からクレームをつけると言った事案も生じています。

私たちが思い描く「自然の歯の白さ」に関しては歯科医師と患者との間でも温度差がみられることがあります。こういった考え方の差がクレームを生みだすことにもつながるでしょう。

そのためにカウンセリングの際にはドイツのVITA社でつくられた「シェードガイド」と呼ばれる歯の色の見本を用いて、現在の歯の色を認識し、ホワイトニングを経て患者が思い描く歯の白色を確認してもらうことを行う歯科医院がほとんどです。その中には、日本人の肌色に見合った自然な歯の白さの指標も含まれています。肌の色などと合わせながら、「自然に見える歯の白さ」を模索していくことが大切です。

この、現在の歯の色と目指したい歯の白さとの兼ね合い位から、ホワイトニングの手法を選ぶこともあります。強力なオフィスホワイトニングを選ぶ他、マイルドなホームホワイトニングで少しずつ調整する方法など、歯科医の手腕にもよりますが、おすすめの方法を選んで少しずつ調整してくことで「自然な歯の白さ」を手に入れることができます。

※このサイトに掲載されている情報はすべて個人が調べ、まとめたものです。
企画につきましても、施術結果には個人差があることをご了承ください。
また、情報はすべて2016年6月のものです。最新のものは各HPをご覧くださいませ。

歯を白くするために
ホワイトニングの
基礎知識